マネー・レスQは資金繰り表と比べると、以下のような特徴があります。
 
1.特徴(その1)
資金繰り表は勘定科目を中心に作成されているものが多いため、ある程度会計的知識がないと、 作成するのが少し面倒です。
⇒まずはお金の動きをきちんと把握できることが優先事項です。
 
勘定科目がいろいろあってよく分らない。
 
 
 
 
マネー・レスQお金の動きに焦点を当ててコントロールします。
 
お金の動きが中心なので分りやすい。
 
2.特徴(その2)
資金繰り表を作成する際、どうしてもこうあって欲しいという希望的な観測が入り、現実の資金不足の実態が隠れてしまう傾向にあります。
⇒あくまでも冷静かつ客観的に現実を直視することが必要です。
 
このままだと来月末にはお金が足りなくなるかも・・・。
 
マネー・レスQは現実に起こりうる資金繰りの実態を明示することで、早め早めの行動を促します。
 
 
何事も先手必勝。
 
3.特徴(その3)
経営者としては取引先の事情や交渉状況に応じたメリハリのある管理をしたいのですが、資金繰り表ではなかなか表現しにくいところがあります。
⇒会社としては最悪のケースでも最低限の資金確保が必須要件です。
 
確実に回収できる売上はいくら?
 
マネー・レスQ項目毎にメリハリをつけ、資金不足を解消するための重点項目を明確にします。
選択と集中
 
Comments