ブログ

知恵の和ノート

a201020_data.jpg
2020/10/20
「検索すれば見つかります」という状況では、まだ道半ば。社内の情報をそのまま使って、新入社員が自習できる状況を目指し、情報を整理・整頓しましょう。
a201013_career.jpg
2020/10/13
OJTを人材育成に上手く活用するために、自社におけるOJTの実態を把握した上で、会社が社員に最低限分かってほしいことは言葉として記録して周知徹底しましょう。
a201006_mathematics.jpg
2020/10/06
中学受験は全滅でしたが、「一見複雑に見える問題も、構造を理解し、筋道を立てて考えることで、自分なりの答えを導き出すことができる」と後に気づくことができました。
a200929_education.jpg
2020/09/29
幹部社員研修にお金と時間をかけているのに思ったような成果が出ていない場合には「社員に自腹を切って学ばせる」ことがかえって本人のためになります。
a200922_language.jpg
2020/09/22
人は「言葉」を通して「事実」を捉えるという前提に立って、言葉を聞いた相手側がこちらの真意と違う行動をとっていると感じた時は、言葉を別の言葉に置き換えましょう。

ミセルチカラの磨き方

a201023_select.jpg
2020/10/23
一兎ではなく、二兎を追うことが求められる時代、打合せする際にも、モノゴトを構造的に捉えて「広く」なのか、「深く」なのかを意識しましょう。
a201016_thinking.jpg
2020/10/16
「社員には自分で考えて仕事に取り組んでほしい」と期待するのであれば、考えて取り組んだ仕事から生まれる失敗を許容する寛容さが必ずセットです。
I101011_hiromi.JPG
2020/10/11
その人から出てくる小さな小さな感情のかけらをつなぎ合わせていき、つないでつないで、紡いで紡いで、進んで行った先に「コアコンセプト」というお宝に出会うイメージです。
a201009_cash.jpg
2020/10/09
必要なお金から逆算して「どの商品をいつ、いくらで、いくつ売るか」という売上計画を立てる。そこから先はマーケティングの課題です。
a170502_evaluation.jpg
2020/10/07
私は「何をしたくて、どうしたくて今の仕事をしているのか」ということを自分で考えました。そして出した答えは「『それでええやん!』って言いたい」です。