ブログ

知恵の和ノート

20240227.png
2024/02/27
長所の側に落とし穴あり、短所の先に突破口あり。「禍福は糾える縄の如し」と言われますが、長所も短所も糾える縄の如し。本当に直した方が良い短所は意外と少ない。
20240220.png
2024/02/20
耳に痛いことを言われた際、怒り出すのは自分の姿から目を背けている証拠。正しく自己認識して、より実りの多い行動に時間を使うのが得策。
20240213.png
2024/02/13
自責を「自分で自分の過ちをとがめること」ではなく、「自分に責任があると考えること」と解釈して管理職の人材育成に活かす。
20240206.png
2024/02/06
「どのような人をお客様にしたいのか?」で、なかなかイメージが湧かない場合は「どのような人を応援したいのか?」という質問が有効。
20240130.png
2024/01/30
一度切りの人生であれば、当面の痛みを回避して良しとするのではなく、痛みの根本原因と向き合って体質改善する。

ミセルチカラの磨き方

20240301.png
2024/03/01
まだ会社の色に染まっていない人の意見や気づきは会社にとって大きな資産。経営理念など組織として合意されているルールに反しない限り、多様な意見や考え方を許容することで、会社も持続的に成長します。
20240229.png
2024/02/29
セルフプロデュースは「自分の良いところだけを集めて自分を演出すること」ではなく、「自分のコアを揺るぎない力にして自分を整えること」。言い換えれば、自分のご機嫌ポイントを知ってご機嫌な状態を保ち、無理なく本来の力を発揮することです。
20240223.png
2024/02/23
社名をつけた由来が「どのような仕事を目指しているのか」という仕事に対する取り組み姿勢を反映しているなら、もっとそれを発信した方がお客様の心に響きます。
20240222.png
2024/02/22
頷きながら、笑顔を見せながらの「初めての時間」から、みなさんが得たことを仕事にも自分の人生にも活かしていただけたら、こんなにうれしいことはありません。
20240216.png
2024/02/16
最低限必要とされる対応だけで「事足れり」とするか。ちょっと気になることがあった際に一歩踏み込んだ対応を行うのか。業務の効率化ばかりに目が行くと、どうしても、前者の事なかれ主義に陥りがち、しかしながら、やはり会社を経営するなら、後者の一歩踏み込む会社でありた…