成長支援部からの提言

a191112_music.jpg
2019/11/12
少ない経営資源を理由に最初から諦めてしまうのは成長が止まる会社、少ない経営資源をバネに最後まで七転八倒するのが成長し続ける会社。
I191105_tottori2.jpg
2019/11/05
人手不足を甘く見て、社員教育を疎かにするのは成長が止まる会社、お金と手間をかけて、社員教育を磨き続けるのが成長し続ける会社。
a191029_framework.jpg
2019/10/29
会社の存在意義を考えずに、単発的に課題に取り組むのは成長が止まる会社、会社の存在意義を踏まえて、長期的に課題解決を図るのが成長し続ける会社。
a191022_repeat.jpg
2019/10/22
社員に仕事を任せることをよく中断するのは成長が止まる会社、社員に仕事を任せることに挑戦し続けるのが成長し続ける会社。
a191015_marketing.jpg
2019/10/15
マーケティングの原則の儲けだけに着目して行動するのは成長が止まる会社、マーケティングの原則に加えて理想の世界を訴求するのが成長し続ける会社。
I191005_rugby2.jpg
2019/10/08
経営理念と普段仕事で使う言葉が連携していないのは成長が止まる会社、経営理念に沿って社員を普段使う言葉でしつけるのが成長し続ける会社。
a191001_relief.jpg
2019/10/01
社員を過度に甘えさせて、安心の場が成長の壁となるのは成長が止まる会社、社員を適度に緊張させて、安心の場が成長の底となるのが成長し続ける会社。
a190924_decision.jpg
2019/09/24
決めることの自由さとそれに伴う責任の重さを天秤にかけた時に、責任の重さに伴う苦痛を避けたいと思う人は少なからずいます。しかし、社員が社長の顔色を見ずに、自主的に動く組織を作るには、社員に自己決定権を持っていることの楽しさを感じてもらう必要があります。
a190917_chance.jpg
2019/09/17
自分の思考のベースの奥底にある感情の動きを言葉として自覚できれば、自らを客観的に見つめ直すことができます。「もしかして自分は潜在的にチャンスを逃しているかも」と感じることがあれば、自分の価値判断の基準を言語化することにぜひ挑戦しましょう。
a190910_misunderstand.jpg
2019/09/10
社長は主体的な目標が主なので、受動的な目標が大半である社員との間では、どうしてもギャップが生じます。その場合は、社員が認められたいと思っている他者の基準を明確にする、客観的な視点を意識させることを念頭に置いて、社員にかける言葉を一工夫しましょう。