知恵の和ノート

a210921_time.jpg
2021/09/21
会社における売上の源泉は社内ではなく社外にいるお客様。業務フローを見直す時も、社内で役割分担を変える時も「お客様に最大のベネフィットを提供するにはどのようなやり方が最適なのか」を判断基準にしましょう。
a190820_personal.jpg
2021/09/14
もしこれから1on1を始めるのであれば、「会社の経営理念は社内に浸透しているか」「経営理念に沿って社員が成長する姿を言語化できているか」を最初に確認しましょう。
a210907_analysys.jpg
2021/09/07
後から記憶をたどって総括しようとしても、終わってしまったことは忘れてしまいます。けれども、簡単で良いので、その都度記録を取っておくと、その分手間はかかりますが、振り返る時にすごく楽です。
a210831_feeling.jpg
2021/08/31
心が乱れるのは人として当たり前。あとは、乱れた心を自分なりの方法で、できるだけ早く乱れぬ心の状態に戻せるかどうか。いま求められている真の強さは、動じないことではなく、動じても自分で戻れることです。
a210824_effort.jpg
2021/08/24
「自分は努力を重ねているのに、思ったような成果を手にできていない」と日頃感じておられるなら、さらに努力を重ねる前に「いまの努力は本当に報われるのだろうか?」とちょっと立ち止まって考えることで、現状を大きく変えられる可能性があります。
a210817_dm.jpg
2021/08/17
商品を売るためには、相手の状況に応じて、的確な対応をすることが求められます。その際、より効果を高める一つの方法は「見込み客の対象を的確に絞る」ことです。
a210810_mentaiko.jpg
2021/08/10
競合商品もたくさんある中、「商品を知ってもらう→商品に興味をもってもらう→商品を買ってもらう」流れを作るのは一筋縄ではいきません。発想を飛ばして、商品の見せ方と魅せ方を工夫する必要があります。
a210803_action.jpg
2021/08/03
できるだけ失敗を避けることが主眼になると、最終的には「行動を避ける=何もしない」ことが正解になります。ビジネスにおいて、考えすぎは行動の壁になるので、致命傷になる可能性が低いなら行動を優先しましょう。
a210727_man.jpg
2021/07/27
先代との対立でお悩みの二代目社長は「先代は変わらないという前提で、自分の捉え方を変えて行動を変える」ことで、先代との対立を先代との対話へと進化させることができます。
a210720_breakthrough.jpg
2021/07/20
経営者が「自分は理解できない異質のものでも社員を通して会社の中で活かす」覚悟ができたら、会社は限界を超えられます。