成長支援部からの提言

a191001_relief.jpg
2019/10/01
社員を過度に甘えさせて、安心の場が成長の壁となるのは成長が止まる会社、社員を適度に緊張させて、安心の場が成長の底となるのが成長し続ける会社。
a190924_decision.jpg
2019/09/24
決めることの自由さとそれに伴う責任の重さを天秤にかけた時に、責任の重さに伴う苦痛を避けたいと思う人は少なからずいます。しかし、社員が社長の顔色を見ずに、自主的に動く組織を作るには、社員に自己決定権を持っていることの楽しさを感じてもらう必要があります。
a190827_communication.jpg
2019/08/27
よくCool Head & Warm Heartと言われますが、社長である以上、数字の面から冷静に判断を下す、共感できなくても、社員を理解しようと努めるという二つの要素は必須です。
a190806_stress.jpg
2019/08/06
社員が仕事を抱え込むのは社長にとってストレスの溜まることですが、抱え込んでいる社員にもそこそこストレスは溜まっています。まずは、相手のストレスを軽減させることで、結果的に自分のストレスも軽くすることを目指しましょう。
a190730_support.jpg
2019/07/30
今は将来に対して漠然たる不安を抱えている人が多いと言われています。社員に多面的な側面から安心感を与えるために、CVR(C:Cash、V:Vision、R:Respect)の観点から自社の取り組みを一度見直してみましょう。
a190702_boss.jpg
2019/07/02
価値観が多様化しているので、社長が良いと考えているポイントと社員が良いと考えるポイントがずれることが増えています。このため、ズレがあるのを前提にして、どの部分がどの方向にずれているのかを探る一手間が必要になっています。
a190604_homework.jpg
2019/06/04
社長は「仕事は期限が決まっているんだから、そこから逆算してちゃんと段取りを決めろ」という指示を出します。もしその指示がなかなか守れていないとすれば、根本的な要因は「ギリギリになって仕事をすることは楽しい」という社員の本能と結びついている可能性があります。
a190402_ceremony.jpg
2019/04/02
会社で仕事をするということは、結果が出るとは限らない状況でも、結果を出すために努力を重ね続けることです。そして、結果が出ると保証されてない状況でも努力を続けられるのが真のプロフェッショナルです。
a190319_freshman.jpg
2019/03/19
「そんなこと言わなくても分かるでしょう」という判断基準を最初に社員に叩き込まないと、その世間から見れば非常識である会社の常識が当たり前になり、その認識を改めさせるのにかなりの時間と労力がかかります。
a190226_organization.jpg
2019/02/26
社長は管理職になった人には、部下に仕事を任せられる勇気をより意識して伝えましょう。そして、この部下に仕事を任せられる勇気の中には、自分が直接やらずに部下に仕事を任せる勇気、仕事を任せたことで部下から嫌われる勇気、部下に任せた仕事の結果を受け止める勇気が含まれます。