成長支援部からの提言

a190409_plan.jpg
2019/04/09
令和は今まで以上にスピード感と柔軟性が求められる時代になります。それゆえ、新規事業では、常にアンテナを高くして感性を磨き、最初の商品化までのサイクルをできるだけ短くして、常にバージョンアップを図っていく取り組みが求められます。
a180102_continue.jpg
2018/01/02
自ら時間を決め、自分の基準で成果を出し、自ら好きになる。自分の中から湧き出るものがあって、初めて仕事は続けていくことができます。
a170822_myself.jpg
2017/08/22
違いを許容することは、他社とは違っている自社を認めることにつながります。それは、すなわち、自分を信じるという意味での自信です。自然体で違いを許容して、会社が独自の道を歩み続けることが、会社の成長した姿です。