ミセルチカラの磨き方

a200228_5w1h.jpg
2020/02/28
「禍を転じて福と為す」ではありませんが、ある意味背中を押されているので、「今までのやり方を見直して新しいことに挑戦するチャンスである」と考えてみましょう。
a200221_hypothesis.jpg
2020/02/21
情報過多の時代にあっては、どうしてもいろいろな情報に心が揺さぶられて、行動が大きく止まってしまうことがあります。その時には、自分なりの「仮説」を立てて、その「仮説」に基づいて、粛々と行動するしかありません。
a200214_sales.jpg
2020/02/14
マーケティングの先生が教える「お客様の絞り方」にいま一つしっくりこないのであれば、「焦点の当て方を変え、切り口を変えることで、対象数を減らさない絞り方はないか」を検討してみましょう。
I_151010_sushi.JPG
2020/02/12
経営者としては、「経営方針に沿ってみんなが動いてくれる」という思いがあります。しかし、仮にその方針が社員に伝わっていたとしても、それが現実の結果として現れてくるかどうかは別問題です。
a200207_battle.jpg
2020/02/07
今回得た教訓は「他者の基準は常に変わりうるものであり、一つのことに依存しすぎるのはリスクが大きい」ということです。
a200131_truck.jpg
2020/01/31
ある中小企業の営業所長さんが愚直に実践されている採用活動には、その悩みを解決するためのヒントがたくさん隠されています。
a200124_writing.jpg
2020/01/24
自分に合う型とそうでない型がある。事前の準備が大事である。良い商品は売らなければならない。「基本的な型を学ぶ→その型に沿って文章を書く」をひたすら繰り返した中で見えてきたことです。
I200117_phone2.jpg
2020/01/17
更新されないOSがセキュリティ対策上危険なように、バージョンアップしない仕組みは経営上危険です。会社を取り巻く環境が目まぐるしく変わっていく中、会社としては常に仕組みをスムーズにバージョンアップしていくことが求められます。
a160801_rule.jpg
2020/01/10
時間を含めた経営資源が限られている中で、新しいことを始める際には、その代替として何かを止める必要があります。
a190104_twosword.jpg
2020/01/05
自分の欲を認めつつ、必要に応じて適宜欲を捨て去る。この二項対立の矛盾を乗り越えてこそ、人も会社も次のステージに行けます。