ミセルチカラの磨き方

a201106_rival.jpg
2020/11/06
思わぬ会社がライバルになるということは、逆に考えると、どの会社も「思わぬ市場で商品が売れる可能性がある」ということ。まだ見ぬライバルを見つけて早めに対策を打って、ビジネスチャンスを広げましょう。
a201009_cash.jpg
2020/10/09
必要なお金から逆算して「どの商品をいつ、いくらで、いくつ売るか」という売上計画を立てる。そこから先はマーケティングの課題です。
a200925_search.jpg
2020/09/25
商品のリサーチを行う際には、仮説を立てて「自ら問題を作り出して、その解決策を示す」、そして、「市場と対話しながら仮説の精度を高めていく」ことを心掛けましょう。
a200828_cooking.jpg
2020/08/28
下ごしらえで手を抜くとせっかくの食材もまずくなってしまうのと同じく、商品の良さがきちんと伝わりません。
a161018_mission.jpg
2020/08/07
バタバタしてもすぐに売上が上がる訳ではないのも事実なので、より確率の高い経営理念に立ち戻って行動する方が不況を乗り切るのに近道です。
a200717_food.jpg
2020/07/17
経済活動が停滞すると、どうしても「価格を下げる」方に考えが行きがちです。不況と言われている時期こそ「価値を更に上げて、価格を上げる」ことを検討しましょう。
a200619_chance.jpg
2020/06/19
「千三つ」は言い換えると、早く「997回失敗すること」が成功への近道。「千三つ」という少ないチャンスを活かすには、「自分の失敗パターンを知る→気づいたら修正する」が鍵です。
a200508_tokyo.jpg
2020/05/08
比較的評判の高い知事は皆さん、1.お客様が欲しい商品を提供する、2.お客様との共通の敵を作る、3.コミットしてお客様に安心を与える、とマーケティングでやった方が良いと言われている手法を踏襲しています。
a200501_merit.jpg
2020/05/01
「自分の短所って実は短所ではないのでは?」「自分の弱みは本当は仕事に活かせるのでは?」というのは、人からフィードバックをもらうことで初めて気づくということがあります。
a180309_morning.JPG
2020/03/11
あなたの会社の中にも、まだ世に知られていないお宝商品が眠っているのではないでしょうか。何かをちょっと変えることで、突破口が開けることがあります。