ミセルチカラの磨き方

20240425.png
2024/04/25
自分の内面とのコミュニケーションでは、十四の心で聴くというマインドセットが出発点。相手の話を聴く傾聴よりはハードルが高いですが、自分の感じていることや考えていることを理解できれば、相手の話もより深く理解できます。
20240419.png
2024/04/19
「自分を薄める」というのは、「自分が『◯◯したい』という欲はいったん脇に置いておく→相手の『◯◯したい』という欲の実現に集中する」という状態。思考の力を使って意識的に自分を薄めることができたら、「自分の欲<お客様の欲」となり、商談も上手くいく可能性が高まります。
20240418.png
2024/04/18
自分を見失いそうになった時は自分の原点である「ゼロポイント」に戻ることがポイント。セルフプロデュースはゼロポイントを意識しつつ、自らをチューニングする方法です。
20240412.png
2024/04/12
正しく自己認識すれば、「高く評価されているものを活かす」&「あまり評価されていないものを活かす」という両面から仕事の幅を広げられます。他人の低い評価も使い方次第で自己成長につなげられます。
20240411.png
2024/04/11
教わった「型通り」にやっても上手くいかないなら、自分のコアと紐づけながら、自ら考えて応用することで、初めて「自分に合う型」となる。
20240405.png
2024/04/05
問題の本質が根深い場合、相談相手としてふさわしいのは「同じような悩みを抱えており、何らかの方法でその悩みを解消した経験がある人」より、「相手の立場に立って真剣に考えて問題解決に協力してくれる人」です。
20240404.png
2024/04/04
あ~でもない、こ~でもないと考え続ける時間が短くなったら、単純に楽になります。そして、それを可能にするのが「セルフプロデュース」です。