ミセルチカラの磨き方

a181101_vision.jpg
2018/11/01
弊社では、社長のコアコンセプトを見つけた後で、再定義する経営理念をビジョン、ミッション、バリューの3つから構成されるとして捉え、ビジョンは未来の姿、ミッションは過去から現在までの取組み姿勢、バリューは日々の意識、と区分しています。
coreconcept_01_2.jpg
2018/10/28
ビジョンやミッションは、美辞麗句を並べても意味がありません。まずは、自分の中で腑に落ちるかどうか。この点、コアコンセプトが分かった後で、ビジョンやミッションを見直すと、自分の価値観に沿った形での表現になるので、しっくり感が増します。
a181020_complex.jpg
2018/10/20
コアコンセプトが分かると、仕事の面でも、プライベートの面でも、いろいろなことが自分の中でつながり、「なるほど!そうだったのか」と得心がいきます。いろいろな課題を自分の中で、しっかりと消化するので、悩みを次へのステップとして昇華させることができるのです。
a181019_why.jpg
2018/10/19
自分のコアコンセプトに裏に沿って出てきたパッションやリソースをベースに、マーケットのある仕事に取組んでも、ある程度まではそれまでの蓄積でなんとかなっても、大きな壁が出てきた時に、そこで停滞してしまうのは、ある意味必然です。
a181017_compass.jpg
2018/10/17
人は物事を固定点として捉えがち。けれども、片方から見れば表であっても、逆から見れば、裏が表です。一つの点で考えるのではなく、多面的に見ることで視野が広がります。コアコンセプトは、自分の視野を広げるための良き羅針盤となります。
bizschool_p08.jpg
2018/10/15
我々はいろいろな言葉を通して、自分(相手)は「こういう人だ」と認識します。けれども、たとえ同じA型でもいろいろな人がいたり、同じ星座でも性格が違うように、特定のカテゴリーで人を定義しても、なかなかぴったりとはまりません。
a181014_trouble.jpg
2018/10/14
本やセミナーや先生は悩みから抜け出すきっかけになっても、最後は自ら主体的に抜け出そうとしない限り、いつまでも悩み続ける状況に陥ります。結局は最後は自力。その自力を出すための判断基準となるのがコアコンセプトです。
20180917.jpg
2018/09/17
社員の「できたこと」や「やったこと」を褒める時、できたことややったことよりもないことやダメなこと、つまり欠点に目が行っていることはありませんか?他人の欠点に目が行く時、実は自分にも同じことが…
20180913.jpg
2018/09/13
「愛って何ですか?」この質問に困りました。「愛の定義」は人それぞれ捉え方が違います。自分の中で「愛」のひとくくりにできてしまうこと、言語化しなくても感覚的に分かること、でも、それを敢えて言うなら…
20180910.jpg
2018/09/10
どんな人生を送るにしても、自分の原動力を知って困ることなんて一つもありません。 「​​​​​​​コアコンセプトを見つけたい!」という思いに、経営者もサラリーマンも関係ありません。起業するもよし、サラリーマンを続けるもよしです。