ミセルチカラの磨き方

a170526_wall.jpg
2019/05/03
コアコンセプトが見つかった後、たいていの場合、業界の壁、お客の壁、社員の壁という3つの壁にぶつかります。しかし、3ヵ月、6ヵ月、1年とコアコンセプトを馴染ませていくうちに、自然と自分自身も、会社も、周りを取り巻く環境も変わってきます。
a180615_wall.jpg
2019/05/01
社員に嫌がられても、煙たがられても、自分が正しいと思う信念を誠実に貫けるかどうか。経営者の中に「覚悟」がないと、絶対に続けていけない姿勢です。
a171013_success.jpg
2019/04/29
ビジネスは結果がすべて。しかし、その結果は他者基準で決める結果ではなく、自分が主体的に決める結果です。
a190426_topdown.jpg
2019/04/26
役職の上下を基準に、トップダウンか、ボトムアップかを議論しても、なかなか成果につながりません。お薦めするのは、経営理念をベースにしたトップダウン方式、すなわち、経営理念を最上位として、そこからトップダウンでモノゴトを判断し、行動することです。
a190424_retire.jpg
2019/04/24
経営理念は作るだけでは意味がありません。また、より高尚な理念を掲げていればいるほど、実際問題としては、理想と現実のギャップが生れます。このため、経営理念を作った後、日々の仕事の中で、そのギャップを埋めるための道筋が求められます。
a170421_no1.jpg
2019/04/22
「相手が今一番悩んでいる課題を解決できること×その解決方法がユニークであること」によって、お客様から選ばれる理由が生まれてきます。
a190419_ceo.jpg
2019/04/19
心の底から、経営者目線を持った社員、社員の自立的な行動、リーダーシップを持った社員を望むのであれば、それに向けて日々挑戦を続けていくしか道はありません。
a170324_time.jpg
2019/04/15
人数が限られていることから、ある程度仕事が属人化することはやむを得ません。だからこそ、仕事を見える化するには、時間(期限)の認識を統一するが鍵を握っています。
a170811_pdca.jpg
2019/04/13
業務効率化は一つのプロセス。効率化した後の目的をハッキリさせることで、効率化するために必要なお金のかけ方も変わってきます。このため、逆説的ですが、業務を効率化するためには、時間をかける業務を先に決めましょう。
a190412_GW.jpg
2019/04/12
支払日が休日になった際は前営業日に前倒して支払うのか、翌営業日に後寄せで支払うのか。ちょっとした違いですが、休みが長く続いたりする場合はその影響は資金繰りにも及んできます。