ミセルチカラの磨き方

2018/09/17

他人の欠点が気になる人がハマっている落とし穴

カテゴリー :プロファイリング

ワクワクの仕掛け人、岩井洋美です。

 

経験がないのに〇〇ができた

知識がないのに〇〇をやった

 

社員の「できたこと」や「やったこと」を褒めるのに、こういう褒め方をする場合があります。

確かに、事実はそうかもしれませんが、何でもかんでもこの方式だとすると、ちょっと問題です。

 

何が問題か?

欠点にフォーカスされていることがです。

 

できたことややったことよりも、ないことやダメなこと、つまり欠点に目が行っています。

「欠点あるけど頑張ったね」というかんじ。

 

褒めるならまずはできたことやったことです。

たぶんね、わざわざ言われなくても、そんな欠点は本人が一番分かっているはずですから。

20180917.jpg

褒めることに限らずですが、先に長所よりも欠点に目が行く、欠点の方がう~んと気になる、という人がいます。

 

欠点にばかりフォーカスしてしまうと、相手のやることなすこと、ちょっとしたことが気になります。

そう…、どんどんエスカレート。

 

社内でのこの構図、信頼関係の構築なんてことからはどんどん遠くなります。

 

ただ、最近こう思うんです。

相手の長所よりも欠点がまず先に気になる人って、本当は自分に対してもそうなんじゃないかなって。

 

自分の良いところよりも、できてないところ、足りないところ、ダメなところを気にしているってことです。

 

でも、「本当は」というところがミソ。表向きは、気にしていないように振舞っているからです。

そうするためには、格好をつけます。もしかしたら、鎧もつけなくてはならなくなります。

 

つまり、ものすごくしんどいし、ややこしい!

 

そういう人に、「自分で自分をいいなって思うところは?」って質問すると、たいてい答えに詰まります。

中には「ないんじゃないかなぁ」と言う人もいます。

ダメだと思うところはたくさん出てくるのに、良いところは答えられない。

 

「〇〇なところなんか、いいんじゃないですか?」と言ってみたとしても、「こんなぐらいでは、いいと言えないでしょ。たいしたことない。」ってかんじになりますね…たいてい。

 

あくまでも自分が思っている欠点ですから、他人から見たら「えっ?そぉ?」ってこともありますが、自分としては認められないし、認めたくないってことですね。だけど、本当はそれが気になる。

 

他人の欠点ばかりが目に付くとき、「自分に対してもそうなっていないか?」と気にして欲しい。

きっとなっていると思いますよ。

 

でも、そのことに気づけないと、他人の欠点ばかりが気になって、果ては他人のせいにするようになるんです。

つまり、それでは自分の力を発揮できていない!ってこと。

 

さて、あなたのいいところ…自分でちゃんと言えますか?

 

「コアコンセプト・マーケティング&マネジメント」の概要は「こちら」をご覧下さい。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「成長支援部からの提言」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。