ミセルチカラの磨き方

2019/12/27

トップ営業マンの職場離脱をチャンスに変える

カテゴリー :マネジメント

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

トップ営業マンの職場離脱をチャンスに変える
「営業でトップ成績の女性社員が今度産休に入るので、どう対応したらよいか、ちょっと悩んでいます」

先日の打合せの際、クライアントさんから出たご相談事項の一つです。


振り返ってみると、このお悩みは昨今の中小企業が直面している様々な課題が含まれています。

  • 女性の活躍
  • 業務の見える化
  • 働き方改革
  • 人手不足


クライアントさんによると、今回産休に入る社員さんは、女性ならではのきめ細やかな提案がお客様にも好評で、男性の営業マンよりも売上を上げています。

一方で、そのきめ細やかな営業スタイルが社内で浸透しているかというと、必ずしもそうとは言えません。このため、一人抜けてしまうのは会社にとって大きな戦力ダウンになります。

また、最近では男性社員にも産休を取らせる流れが出来つつありますが、産休であれ、年休であれ、社員が休みたい時に休める職場作りが中小企業にも求められています。

そして、人手不足。欠員が出てもすぐに代わりの人が見つかるとは限らないし、今いる社員がその穴を埋めるには少し時間がかかります。

特に今回のケースは経営者の方が、次の幹部候補の一人として、今まで自分がやっていた仕事を少しずつ任せてきただけに、クライアントさんとしても、「どのように仕切り直したらよいか?」と悩んでおられたのです。


我々からアドバイスさせていただいたのは、「ここはピンチをチャンスと捉えて、一人少ない人数で、当初の目標を達成しましょう」ということ。そして、いろいろと話し合いを重ねながら、最終的に「これなら、なんとかやれそうです!」という結論に至ることができました。


人手不足が常態化する中、女性が活躍する会社にすることは、もはや絶対に欠かせない条件です。

けれども、結婚や出産に伴い、一時的にでも職場を離れる可能性は男性社員よりも女性社員の方が高いという現実があります。

また、従来は男性が表に立って、女性が裏方に回るケースが多かったので、女性ならではのきめ細やかな対応などが、属人的なノウハウに留まっている可能性があります。

このように考えてくると、「女性が働きやすい会社=仕事が見える化されていて、誰もが効率よく働ける会社」と言えます。


稼ぎ頭の社員が休んでしまったり、頼りにしていた社員が辞めってしまったりすると、会社の業績は一時的には下がってしまうかもしれません。けれども、ピンチをチャンスと捉えることで、さらに筋肉質のたくましい会社に変えることができます。

クライアントさんとは、来年以降「女性の活躍×業務の見える化×働き方改革×人手不足解消」と一石四鳥を目指した対策を実践していきたいと思います。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。