ミセルチカラの磨き方

2020/09/11

ワクチンが完成したら何屋が儲かるのか?

カテゴリー :紐付ける

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

ワクチンが完成したら何屋が儲かるのか?
新型コロナウイルスのワクチンが話題に上がっています。

副作用の検証を含めてちゃんとしたワクチンの開発が世界的には喫緊の課題です。


では、そのようなワクチンができあがった後はいったいどのような世界になるでしょか


少なくとも、猛暑の中マスクをつけて外出する人は確実に減ると考えられます。

では、一連の消毒対策はどうでしょうか?


ここは見解が分かれる所です。

完璧なワクチンができたので、今ほど神経質になって消毒をしなくなるという考え方があります。一方、一連の報道で私たちの周りにはいろいろな菌やウイルスがいるという意識が植え付けられたために、殺菌や除菌に関する行動は引続き続くという考え方もあるかと思います。

こればかりは人の感情や感性にも関わることなので、現時点でどう転ぶかは想像するしかありません


仮に後者の見解に立った場合、今まで以上に我々の周りから菌が減る可能性があります。

しかしながら、清潔な状態が続いたがために、身体の菌に対する抵抗力が弱り、ちょっとした細菌や新たなウイルスで病気になる人がかえって増えるという恐れもあります。

つまり、普通は「ワクチンの完成→病気になる人が減る」ですが、新型コロナウイルスにかかる人が減っても「ワクチンの完成→別の病気にかかる人が増える」という流れも理論的には考えられます。


したがって、

ワクチンの完成
 ↓
かえって病気にかかる人が増える
 ↓
会社の働き手が減る
 ↓
今までの仕事のやり方を続けていくのは難しい
 ↓
今のうちに人に依存しなくても仕事が回る仕組みを作っておく必要がある
 ↓
業務プロセスの見直しについて一度弊社にご相談ください

という流れになります(笑)。


後半の方はかなり強引な論理展開ですが、「今世の中で話題になっていることと自社の仕事をどうやって結びつけるのか」を考えるのは頭の訓練になります。

ポイントは「正しいか、間違っているか」ではなく、「いかに発想力(妄想)を膨らませられるか」です。


発想力は一朝一夕では身につきません。

普段から「世の中に起きている事象をいかに自分事として捉えられるか」で、いざという時に「発想力を活かせるかどうか」が決まります。


なお、前述の論理にご納得(?)された方はお気軽に

会社のDIYリノベ相談会「コトハジメ」

にお申し込みいただければ嬉しく思います。

業務プロセスの見直しなど「会社を大きくリノベーションしたい」というご相談を1回90分、無料で承っております。
↓ ↓ ↓
会社のDIYリノベ相談会「コトハジメ」へのお申し込みは「こちら」をクリックしてください。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。