ミセルチカラの磨き方

2023/01/20

「売れている商品=売りたい商品」でしょうか?

カテゴリー :マーケティング

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

「売れている商品=売りたい商品」でしょうか?

売りたい商品と売れている商品を上から順番に並べてみた際、その順番は一致しているでしょうか。

以前あるクライアントさんでこの質問をしたところ、「一番売れている商品=一番売りたくない商品」という結果でした(汗)。


売りたい商品という場合、その理由はいろいろあります。

・価格が高い
・利益率が高い
・昔から売っている
・自ら苦労して開発した
・お客様からよく感謝される


一方で、売れているけれど、それほど売りたくない商品の場合は

・価格が安い
・利益率が低い
・手間隙がかかる
・他社でも似た商品がある
・なかなかリピートに繋がらない

といった理由が挙げられます。


いずれにせよ、長く売れ続ける看板商品にするには

  • 価格が売る側にとっても、買う側にとっても納得のいくものである

と同時に

  • 売る側がお客様の意向を踏まえて商品の改善を続けている

ことが必要です。

後者の「商品を改善し続けているか」に関して言えば、売れているけれど、本当に売りたい商品でない場合、どうしても受け身になりがちで、売る側が主体的に「より良い商品に育てていこう」とはなりません。


もし、一番売れている商品と一番売りたい商品が一致していないなら、思い切って売れている商品を捨てることも時には必要です。


もちろん、資金繰りへの影響を勘案することは大切です。

けれども、当面の資金繰りは大丈夫という状況なら、売りたくない商品を売り続けていることで失っている大きな売上があるかもしれません。

ちなみに、知人の経営者の方は長年やってきた仕事を最近手放した途端、同じ金額で別の仕事を受注されました。


もし、売れているけれど、あまり売りたくない商品の発注があった際、「またかぁ」と経営者の気持ちが沈んでしまうようなら、こちらのプロジェクトの説明会にご参加されてはいかがでしょうか。
↓  ↓  ↓


ビジネスの要となる「看板商品」を一致につくりませんか?


看板商品を一緒につくりませんか?

「自信はあるけど売上に直結していない…」という商品があるなら、「看板商品をつくるプロセスが間違っている」可能性大です。
 

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。