ミセルチカラの磨き方

2019/02/01

トップキャピタリストも注目する会社が成功する条件とは?

カテゴリー :魅力

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

トップキャピタリストも注目する会社が成功する条件とは?
成功する起業家の条件は何か?

ベンチャーキャピタル(VC)で活躍されているトップキャピタリストお二人にお話を聞く機会がありました。


お二人が異口同音におっしゃっていたのは、

  • よいマーケットを選ぶこと(市場選定)
  • よいチームを作れること(組織運営)

の二つです。


まずは市場選定

VCとしてお金を出すので、期待するのは株価の値上がり。この点、将来的に市場の広がりがある分野で事業を行わないと、業績の大きな伸びが見込めないのは、当然のことです。

一方で、意外に思ったのは、二番目の「よいチームを作れること」です。

大きく成長しているベンチャー企業では、主に経営者が注目されます。けれども、お金の出し手は、どんなに頑張っても一人でできることには限りがあるので、経営者だけが優秀という状況では、やがて壁にぶつかると予想しています。

このため、その経営者を支えるチームがちゃんと機能し、会社を持続的に成長させられるかどうかをかなり重要視しているという訳です。


また、ある経営者から、「課題を解決するソリューション」については、どう見ているのかという質問がありました。

多くの場合、「ウチの技術があれば、〇〇という問題を解決できます!」ということが強調されます。このため、一般的には、どんなソリューションやノウハウを持っているかは、会社が成功する上で大切と考えられます。

けれども、キャピタリストの方によると、

  • 問題は常に変わるので、それに伴い解決方法も変わる
  • このため、どんなソリューションを持っているかよりも、チームとして、そのソリューションを柔軟に変えていけるかの方が大切である

とのことでした。


つまり、VCが投資したいと思うのは、よきチームとして、現在および未来の課題を持続的に解決し続けられる会社ということになります。そして、それを実現するためには、「経営者の成長×社員の成長」が不可欠です。


VCの場合は出口戦略として、IPOやM&Aを展望しているため、市場規模の大きな分野で事業を行うことが大前提となります。

けれども、キャピタリストの人が条件に挙げた「よいチームを作れること」に関しては、将来的にIPOやM&Aを目指してはおらず、ニッチな分野で勝負する中小企業にも当てはまるポイントです。


いま会社が持っている技術やノウハウも状況の変化によっては、陳腐化する恐れがあります。その前の段階で、社長のみならず、社員も知恵を絞って、課題を解決できるチームとして対応できるかどうか

あなたの会社では、チームが機能しているでしょうか?


組織運営をスムーズに行うには、社外の力を活用する方法があります。詳しくは「こちら」をご覧ください。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「成長支援部からの提言」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。