ミセルチカラの磨き方

2019/01/23

超長期的な視野に立って、目の前の仕事に取り組む

カテゴリー :ステージを上げる

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

超長期的な視野に立って、目の前の仕事に取り組む

銀行時代にたいへんお世話になった恩師の方。一緒に仕事をさせていただいた期間はわりと短かったのですが、その後も機会あるごとに励ましていただき、年賀状のやりとりだけは続けています。

現在、ある会社の顧問をやっておられるのですが、そのきっかけを聞いてびっくり。その方が今から43年前、神田支店におられた際に新規取引先として開拓された会社だったのです。

今は社員数も200名を超え、東京の一等地に立派なオフィスを構える会社ですが、当時はまだ社員が2、3名の時代。会社が支店近くの小さな事務所に引っ越して来られた際に取引が始まり、クライアント先をいくつも紹介したことで社長がたいへん恩義に感じていた模様です。

その後も部署が変わっても社長さんとの交流が続き、ちょうど7年前から正式に顧問に就任されました。

私はまもなく社会人になって丸33年になりますが、残念ながら、最初にお取引のあった先とは今ではまったく交流がありません。しかし、大先輩は私が社会人になる10年前からのお付き合いを今も大切にされていたのです。

今は時代の風潮としてすぐに結果を求める傾向があります。

もちろん、ビジネスは結果がすべてなので、ダメなものは早めに見切りをつけることも大切です。一方で、今やっている仕事の中では、10年後、20年後にようやく花が咲くことがあるのも事実。

短期的な成果を追いつつも、超長期的な視野に立って、目の前の仕事に一所懸命取り組むことの大切さを恩師の方から教えてもらいました。

弊社が今取組んでいる仕事もクライアントさんが10年、20年と続く成長のきっかけとなるよう、更に創意工夫を重ねていきます。

 

超長期的な視野に立つには、自分の深層価値観を言語化することが早道です。詳しくは「こちら」

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「成長支援部からの提言」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。