ミセルチカラの磨き方

2019/02/09

ベストセラーが生まれるためには自分を捨てる必要あり

カテゴリー :お客様目線

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

ベストセラーが生まれるためには自分を捨てる必要あり

「たまに『自分が読みたい本を作ればいいんでしょ』という人がいるけれども、それではダメ」

ベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」などの出版で知られる、あさ出版の佐藤社長のお話を聞くランチ会に参加した時のこと。「日本でいちばん大切にしたい会社」の誕生秘話など興味深い話題が満載だったのですが、私が一番印象に残ったのは社員に対して佐藤社長が注意する時の話でした。

まだ若い社員の場合、「自分が一番最初の読者になるので、まず自分が読みたい本を作ればいい」と考えている人がいるそうです。そんな時、佐藤社長は、自分を捨てて、もう一歩踏み込むよう指導されるとのことでした。

「自分が読みたい」というのはあくまで独りよがり。さらに進んで、「本当に読者は読みたいのか」という視点に立たないと、いい本は生まれないという訳です。

会社は「我が社の技術はこんなにスゴイ」、「ウチのサービスで世の中はもっと良くなる!」という考え方に陥りがちです。

もちろん、自分がいいと思った商品やサービスで世の中を大きく変えるという例はあります。けれども、いいと思っているのは社員だけでお客さんのニーズとずれているというケースも少なくありません。

自分を捨てて、もう一歩踏み込む。

目の前の仕事に夢中になるとついつい忘れがちになるので、気をつけたいと思います。

ところで、佐藤社長の名刺の裏にはあさ出版のクレド(信条)が書かれています。とても素敵なクレドなので、最後に紹介させていただきます。

  1. 私たちあさ出版は、書籍が持つ無限の力と可能性を信じて、よりよい明日をむかえたいと願う人の夢をかなえるお手伝いをします。
  2. 私たちあさ出版は、人々にとって価値のある情報を、誠実にわかりやすく、オリジナリティのある形でお届けします。
  3. 生きる勇気、働く情熱を提供することによって、人と人、社会がつながり、皆が笑顔で幸せに毎日をすごすことが私たちあさ出版の喜びです。

 

自分を捨てるためには、自分のコアコンセプトを知ることが第一歩です。詳しくは「こちら」

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「成長支援部からの提言」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。