ミセルチカラの磨き方

2019/05/24

お金をコミットせず、社員満足度を上げている会社の秘訣

カテゴリー :マネジメント

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

お金をコミットせず、社員満足度を上げている会社の秘訣
今週、離職率1.5%と社員満足度がかなり高いベンチャー企業の社長とお話する機会がありました。

社員重視の姿勢はオフィス環境の整備を筆頭に、いろいろな施策に表れているのですが、何よりも「社長が社員一人ひとりと向き合う」ことを大切にされています。既に100人を超える社員がいますが、今でも必ず全社員との面談を実行されています。


その面談の中では、「いまどのようなことが不満なのか?」という愚痴も聞いて、社員から出る「こうしてほしい」という要請に対しては、

  • できることはすぐに実行する
  • できないことはできないとはっきり伝える

ことを意識されています。

簡単にできることであれば、社員との面談中に実現するスピーディーさがある一方、「検討しておく」というような曖昧な回答はしないという潔さがありました。


そして、私が印象に残ったのが、「お金は上書きされる」という言葉。


社員からの要望があっても、「じゃぁ給料を50万円にするよ」「これが達成したら、ボーナスは300万円ね」というような、具体的な数字のコミットメントはしないそうです。

その理由が「お金は上書きされる」というもの。


例えば、仮に50万円を提示しても、他社が60万円を提示すれば、せっかく合意した数字も簡単にひっくり返されます。

このため、具体的なお金を提示することで社員のモチベーションを上げるのではなく、

  • 将来どのような仕事をやりたいか
  • このプロジェクトが上手くいったら次は何を目指すのか

といったような、お金以外の部分で、社長と社員が合意形成を図っています。


ある意味、お金で握る(条件決めて合意する)のは簡単です。

しかし、会社として状況によっては、そのお金をコミットするのが難しいということがあります。また、お金以外の部分については、人によって何を重視しているかという価値観が違うため、それぞれの社員の希望を聞いててコミットするのは、かなりきめ細やかな対応が必要になります。

けれども、この会社では創業以来ずっと、社長による社員全員との面談を地道に繰り返すことで、会社に対する社員の満足度を高いまま維持しているのです。


そして、社員の満足が高いために採用の面でも、人材紹介会社に頼っていません。

社員が会社にふさわしい知人や友人を積極的に紹介・推薦するリファーラル採用が多く、結果的に人材採用コストの削減に成功しています。


お金をかけずに手間ひまをかける。会社によって、どこに手間ひまをかけるかは違います。しかし、ちゃんと手間ひまをかけたところは、中長期的に見れば、利益という形でお金にも反映されます。

あなたの会社では、何に時間と労力をかけているでしょうか?
 

「社長専任の社外チーム」は社員教育に手間ひまをかける社長の強い味方になります。詳しくは「こちら」です。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「成長支援部からの提言」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。