ミセルチカラの磨き方

2020/01/10

今年の願望を達成するために、新たに止めるものは?

カテゴリー :ステージを上げる

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

今年の願望を達成するために、新たに止めるものは?
知人の経営者からいただいた年始のご挨拶文の中に、「設立20周年の記念イベントで5年以上やめていたお酒を解禁する」という一文がありました。

その方がなぜ禁酒を始められたのかについては、まだお聞きしていないのですが、その文章を読んで「私も禁酒してみようかなぁ」と一瞬思いました。

しかし、私の場合、特段お酒が好きなわけではありません。お付き合いで2~3杯飲むことはありますが、1ヵ月全然お酒を飲まなくても平気です。つまり、私にとっては「禁酒する=好きなことを止める」にならないため、禁酒はあまり意味がないことに気づきました。


ところで、何かを止める際にはいろいろな理由があります。

今の時期受験生であれば、大好きなゲームを止めて勉強に集中している人も多いかと思います。また、健康のためにお酒を止める、たばこを吸うのを止めるという人もおられます。

つまり、何かを止める際には、その背景に「〇〇したい」という願望があります

受験生であれば「志望校に合格したい」、禁煙する人であれば「健康な身体にしたい」、また、お酒が好きな人であれば禁酒することで「目標を達成したい」といった感じでしょうか。


先日ご相談に来られた社長さんの願望は「自社商品を開発したい」でした。

今は大手企業に技術者を派遣して仕事をすることが多いため、売上は安定しているものの、何か物足りなさを感じておられるご様子でした。


時間を含めた経営資源が限られている中で、新しいことを始める際には、その代替として何かを止める必要があります。また、売上の構成を思い切って変える際には、既存の売上高を手放して、新規の取引先を開拓することが求められます。

それゆえ、願望を達成する代償として、何を止めるのか、何を捨てるのかがポイントになってきます。


新しい年が始まって、気持ちも新たに様々な願望を書きだした人もおられるかと思います。

あなたにとって、今年一番達成したい願望は何でしょうか?

そして、その願望をかなえるために、何を止めるでしょうか?

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。