ミセルチカラの磨き方

2020/03/13

ブレインストーミングで新たなコンセプトを発見する

カテゴリー :紐付ける

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。


会社で何人かが集まって、新しい商品のアイデアを考えたり、業務改善に関する対策を立てたりする時によくやるのがブレインストーミングです。

ブレインストーミングを成功させるには

  • アイデアをすぐに批判しない
  • できるだけ自由に発言する
  • まずは質より量を重視する

といったことが必要です。

しかし、これらはあくまでアイデアを出すための前提条件。ブレストで出たアイデアを具体的な行動に移さない限り、単に社長の自己満足や社員のストレス発散で終わってしまいます。


いろいろと出たアイデアを

  • どのような切り口でまとめていくか

によって、次の打ち手が大きく変わってきます。


弊社でも、今後の売上を更に上げていくために先日社内でブレストを行いました。

商品別、お客様別、集客方法別、お悩み別といくつかの切り口を分けて議論したのですが、その結果として、新しい商品の見せ方を見つけることができました。

その時使ったツールが、マインドマップです。

ブレインストーミングで新たなコンセプトを発見する
今までは白紙やノート、ホワイトボードで手書きしながらブレインストーミングしていました。

けれども、マインドマップは記録を取りながらデータとして保存することも可能なので、情報を共有する際にも有効です。また、ワードやエクセル、パワーポイントよりも言葉を記録して、分類するには操作が簡単です。そして、書いているものがなんとなく脳の中味のような感じもするので(笑)、ブレストとも相性が良いように思います。


新型コロナウイルス感染防止の点からテレワークや在宅勤務も増えています。

離れた場所でブレストする際にも有効なので、まだ使ったことのない方は今回の状況を契機に一度マインドマップを使ってみることをお薦めします。


なお、まもなく始まる新年度に向けて、何かお困りごとやお悩みがありましたら、お気軽にお声いただければ嬉しく思います。
↓ ↓ ↓

弊社へのお問合せは「こちら」をクリックしてください。
 

また、Zoomでのオンライン相談をご希望される場合はその旨お知らせいただければと思います。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。