ミセルチカラの磨き方

2020/04/10

俯瞰する力でメトロン星人の巧妙な作戦から地球を守る?!

カテゴリー :紐付ける

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。


弊社では新しい試みとして音声コンテンツによる情報発信を始めています。
↓ ↓ ↓
HIROチャンネル ワクワクの種

その第16回目で取り上げた話題がメトロン星人です。

私と同年代の人はメトロン星人と聞けば、おそらくピンと来るかもしれませんね(笑)。


ウルトラセブンに出てくる宇宙人で、Wikipediaによれば、「たばこの中に地球人を発狂させて周囲の者がすべて敵に見える効果を持つ赤い結晶体を仕込み、これを吸引した地球人同士が殺し合うことで、最終的には地球人類が死に絶えるのを待って地球を乗っ取ろうとたくらむ」ずる賢い奴です。

そのメトロン星人、マニアの間で有名なのがちゃぶ台をはさんでウルトラセブンであるモロボシ・ダンと対峙するシーンです。

「教えてやろう、我々は人類が互いにルールを守り、信頼しあって生きていることに目をつけたのだ。地球を壊滅させるのに暴力をふるう必要はない。人間同士の信頼感をなくせばよい。人間たちは互いに敵視し傷つけあい、やがて自滅していく。どうだ、いい考えだろう」

メトロン星人の巧妙な作戦から地球を守る
いかがでしょうか?

もちろん、これはあくまでドラマでの話。しかしながら、昨今の状況を俯瞰してみると、「今こそ我々人類の底力が試されている」という見方ができます。

今のように情勢が目まぐるしく変わる時、一段高い視点に立って、全体を見直してみると、従来とは違った姿が見えてきます


このようなより高い視点を持って、新しく自分の人生を切り開いていく人を増やしていくために、弊社では個人の方を対象に、「自分」株式会社の企業価値最大化プロジェクト「The Compass」を始めました。

「自分」株式会社という言葉はカナダ・ヨーク大学のモシェ・ミレブスキー教授が「人生100年時代の資産管理術」という本の中で使っておられます。主に資産運用や資産管理という観点から、個人を「自分」株式会社と見なして、長期的な視野を持ち、経済的に自律して生きることが大切だという教えです。

しかしながら、我々を取り巻く状況が大きく変わる状況下においては、単に資産運用だけではなく、「自らの人生をどう切り開いていくか」という課題に対しても、「自分」株式会社をどう経営してその価値を上げるかという視点を持つことは不可欠だと感じています。


難しい事実と向き合った時に、いかに俯瞰して新しい切り口を見出し、そこから飛躍につなげていくか。

このプロジェクトがこの難局を一人ひとりが乗り切っていくきっかけになれば、嬉しく思います。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「成長支援部からの提言」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。