ミセルチカラの磨き方

2021/01/22

大寒の散歩中に立ち寄った直売所で免疫力と金運をアップする

カテゴリー :マーケティング

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。
大寒の散歩中に立ち寄った直売所で免疫力と金運をアップする
最近は運動不足解消と免疫力アップを兼ねて、時間がある時はできるだけ散歩に行くよう心掛けています。

自宅から歩いて30分ぐらいの所に養鶏場があり、水、金、土の三日間だけ直売所がオープンしています。そこでは鶏が産んだ卵を使ったプリンが売っており、以前買った時に美味しかったので、先日もちょっと立ち寄りました。

すると、「『寒卵』あります」という大きなのぼりが出ていました。

お店の人に聞くと、「普段は予約販売なのですが、今日はまだあります」ということだったので、お目当てのプリンと一緒に1パック購入することにしました。

今年は1月20日が大寒。

1年でもっとも寒さが厳しいと言われる時期ですが、

厳しい寒さが続く
 ↓
鶏の産卵数が減る
 ↓
産まれた卵の栄養がその分豊富になる
 ↓
大寒の卵を食べると健康に過ごすことができる

ために、すごく人気のある商品だとか。

おまけに風水的には「大寒の卵を食べると金運が上がる」と言われているらしく、珍重されているそうです。

お値段的には普段スーパーで買う卵の3倍ぐらいします。しかしながら、当日の夕飯で卵かけご飯にして食べたところ、これがまためちゃくちゃ美味しい!

お値段以上の価値があるのを舌でも実感しました。来年は、ちゃんと予約して買おうと思います。

プリンと卵を買った時、その養鶏場のパンフレットもいただいたのですが、そこには経営者の想いがしっかりと綴られていました。

そして、パンフレットの表紙には「当たり前のことを守り、続けていく」。

おそらく、精魂込めた商品を作っておられる会社は、この養鶏場に限らず、日本全国にたくさんあるかと思います。

しかしながら、「その思いや背景をしっかりと伝えているか」という点ではいかがでしょうか?

少なくとも、私が大寒の卵のことを知ったのは今回が初めてでした。

そして、先の大寒の卵に関する説明は、売っていた卵のパッケージに書かれていたもの。

「当たり前のことを守り、続けていく」ということで、「価値を伝える」ことを愚直に実践されています。

精魂込めて作った商品やサービスは、しっかりとその価値を伝え切りましょう。

自分の思いや価値をしっかり伝えて業績アップに活かしたい方はこちらもご確認ください。
↓ ↓ ↓
プロファイリングから組み立てる「自分戦略」

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。