ミセルチカラの磨き方

2021/07/16

最善のシナリオ通りにはならないが、最悪のシナリオも滅多に起こらない現実を踏まえて冷静に行動する

カテゴリー :マネジメント

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

最善のシナリオ通りにはならないが、最悪のシナリオも滅多に起こらない現実を踏まえて冷静に行動する
何か新しいことを始める際には

  • 最も上手くいった時のシナリオ
  • 最も失敗した時のシナリオ

の両方があります。


「この商品を販売したら売上1億円いくかも」と思っていても、「売上が半分の5,000万円ぐらいで止まる」可能性はあります。

一方で、「広告費100万円使っても、お客さんが全然集まらなかったらどうしよう」と心配するケース。

この場合、広告を実行しないことで100万円の経費を抑えることはできます。けれども、広告を出さないことで、もしかしたら上がったかもしれない売上を逃してしまう恐れもあります。


最善のシナリオ通りに行くとは限りませんが、最悪のシナリオがそのまま現実のものになるのもレアケースです。

現実は「最悪のシナリオと最善のシナリオの間で起きる」のが普通です。


以前、ベストシナリオに基づいた事業計画で銀行から借入した会社が事業を始めて数ヵ月で資金繰りが回らなくなったというケースがありました。

弊社には資金繰りが回らなくなった時点でご相談があったので、借入前における銀行との交渉経緯の詳細は分かりません。

けれども、銀行から融資を受けることを最優先にして銀行員の言われるままに事業計画を作ってしまうと、「お金は借りられるけれど、お金を返せない事業計画」になってしまう恐れがあります。


100%上手くいくこともなければ、100%失敗することもありません。そんな中で、「100%失敗した時のワーストシナリオを踏まえつつ、100%上手くいった時のベストシナリオにも浮かれない」ことがポイントです。


この点、頭が良くて計算が立つ人は

ベストシナリオが実現する前提で妄想が膨らむ
 ↓
捕らぬ狸の皮算用で壮大な夢に浸ってしまう

ワーストシナリオであれこれ心配になる
 ↓
考えすぎて行動が止まってしまう

かのどちらかに陥るケースがあるので、気をつけましょう。


なお、事業計画を作る際の基本の型をマスターしたい方は「こちら」をご活用ください。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。