ミセルチカラの磨き方

2022/02/24

「価値がある」と最初に納得するのは他者ではなく、あくまで自分

カテゴリー :コアコンセプト

ワクワクの仕掛人、岩井洋美です。

「価値がある」と最初に納得するのは他者ではなく、あくまで自分

この冬は本当に寒さが厳しいですけれど、我が家の近くでは河津桜も咲き始めました。

この週末に向けて気温も上がるようですから、一気に開花するかもしれませんねぇ。


さて、誰しも大なり小なりコンプレックスみたいなものありますよね。でも、コンプレックスを大きな力に変えることもできます。

ご自身最大のコンプレックスを進化させた方と対談しています。

とってもエネルギーを感じるお話はこちらからご覧いただけます!
↓  ↓  ↓

ご自身最大のコンプレックスは「自分には国家資格がない」ということでした。

特に国家資格がないとできないお仕事ではありませんでしたが、国家資格に限らず、「これというものが何もない!」といつも口にされていました。今から3年くらい前のことです。


「自分の価値を見つける」「価値を提供する」ということは当たり前のように言われていることですが、自分で心底納得することが大前提です。

自分にないものばかりに目が行って、自分だけが持っているものに価値を見いだせずいた彼女。

「本当にこれに価値があるのか?」と半信半疑のまま、「ちょっとうれしい日常講座」」という形にしました。


彼女はお家には裏山があって、農家としての畑もあります。そこで、収穫をしたり新鮮なものをいただいたり、自然の恵みと身体の関係を学んだり。参加者にとってはたっぷり非日常を味わう体験型の講座です。

「一歩先のうれしいを日常にする」というコンセプトから生まれた講座は今やキャンセル待ちが続く人気講座になりました。


どうやって「自分の価値」を心底納得できるようになったかは、臨場感たっぷりにお話ししてくださっていますので、ぜひ動画でみていただきたいのですが、「力を発揮できるポイントを自覚して行動している」ということが何よりも今の彼女を作っているのだと思います。

「ちょっとうれしい日常講座」は、彼女自身のコアコンセプトをベースに練り上げたものです。

しっかりとしたコンセプトがあって開催をしていた結果、この講座は雑誌にも取り上げられました。2回目のときには、4ページにも渡る特集でした!


今やご自身最大のコンプレックスは微塵もありません。あんなにこだわっていた国家資格を取得した訳でもありません。でも、今どれだけ楽しく人生を送っているかは言うまでもないことです

価値がなければお客様に選んでいただけないというのはもちろんあるのですが、「価値がない」「価値がある」と決めるのは自分です。

「価値がある」と思えたら、それを見せていくしかないわけですから。伝える&伝わる言葉にして!


PR設計をやっていると、「価値がない」「価値がある」のポイントが見えていないということを実感します。

「自社が持っている力」って、「強み」という簡単な言葉だけでは表せないし、けっこう思い込みで見落としていることがあるものです。

↓  ↓  ↓
PRのモニター企業様を募集しています。(残り1社様)

それでは、今日も一日お元気で!

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。