ミセルチカラの磨き方

2022/08/26

問題解決はその場しのぎでお茶を濁さず、膿を出し切るべし

カテゴリー :マネジメント

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

問題解決はその場しのぎでお茶を濁さず、膿を出し切るべし

政治家と宗教団体との関係が連日ニュースの話題に上っています。

その場しのぎ&後出しジャンケンのような行動が目立つので、本当にうんざりします。


会社においても、何か問題が起きた際は「根本的な原因を追求して明らかにする」ことが必要です。

そのプロセスをとばして

・当事者に始末書を書かせる

・当事者のみ処分する

だけだと、しばらくして、また別の当事者が生まれてきます。


一方、なぜ根本的な原因を追求しないかといった要因を調べていくと

・経営陣への批判につながる

・処分の対象となる人がたくさん出る

・会社の屋台骨を揺るがす事態を招く

といったことがあります。


しかしながら、どこかで腹を括って経営のトップが「すべて膿を出し切る」と決断しないと、いつかは大ごとになります。

以前、ある先輩経営者から言われたのは「業績悪化しただけでは会社はすぐに潰れないが、不正を隠して信用を失うと、あっという間に潰れてしまう」です。


今はSNSが浸透したこともあり、会社にとって不都合な事実をいつまでも隠蔽するのは不可能。

小さなトラブルが起きた際、その背後には必ず根本的な原因があります

社員に対する処分を下すだけでは不十分。「なぜ」を最低5回は繰り返して根本的な原因を特定し、早め早めに手を打ちましょう。


なお、トラブル対応だけでなく、頑張って営業しているのに、期待したほど売上が上がらないなど、自分の思い通りにビジネスが進まない場合も、その根本原因を知るのが現状突破の近道です。
↓  ↓  ↓
8月31日まで特別感謝価格でご利用いただけます。詳しくは「こちら」をクリックしてご覧ください。

心意気セッションを特別価格でご提供しています。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。