ミセルチカラの磨き方

2022/10/28

「4つの立ち位置」を正しく認識して行動すれば仕事は上手くいく

カテゴリー :プロファイリング

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

「4つの立ち位置」を正しく認識して行動すれば仕事は上手くいく
拙著「『心意気』から始める経営改革のススメ」をお読みいただいた経営者の方から「最後の『4つの立ち位置』は面白いね」と言っていただきました。


実はこの「4つの立ち位置」は最後の第10章で書いたもの。紙面の都合から、おまけ的に書いたので、あまり詳細には書いていません。

けれども、日々どうやったら人は力を発揮するかに頭を悩ましている経営者の方に「『4つの立ち位置』を知って本領を発揮する」ということに興味を持っていただいたのは嬉しい限りです。


4つの立ち位置とは

1.機関車型(舞台の先頭に立つ)
2.センター型(舞台の中心に立つ)
3.見守り型(舞台の後方に立つ)
4.演出家型(舞台の下に立つ)

です。

クライアントさんとのセッションを通して、人がその本領を発揮する際には大きく分けると、前述のような4つに分類できることが分かってきました。

4つの立ち位置
そして、この「4つの立ち位置」については以下のようなことがポイントです。

・本人が正しく認識しているとは限らない
・自分が本領と発揮できる立ち位置と仕事をしている中、役割として期待される立ち位置は必ずしも一致しない
・同じ肩書きであっても、役割として期待される立ち位置は変わりうる
・正しく認識できたら、解決方法はいくらでもある
・自己認識に近道はない


本人が正しく認識しているとは限らない。これは過去の経験などが影響しています。

本来であれば、組織の中心になって働くことで本来の力を発揮できる人でも、過去に

・中心となって頑張っていたら、友達から悪口を言われた

・周りの皆に気を配ってやっていたのに、反応が悪かった

といったことがあると、

「自分は見守り型が得意です」

「この4つの中だと舞台下で演出するのが好き」

といった答えが返ってくることがあります。


しかしながら、いろいろと深掘りしていくと、過去に上手くいかなかったのは立ち位置のせいではないことがあります。立ち位置は正しくても、自分の裏で頑張ってしまうと残念ながら成果にはつながりません。

このため、

  • 自分がどのような時に力を発揮するのか:表
  • 自分はどのような時に力を発揮しないのか:裏

を分かった上で、「自分が本領を発揮する立ち位置はどこか」を認識しないと、間違った立ち位置で仕事をすることになります。


一方で、役割として期待される立ち位置は本人が本領を発揮する立ち位置と一致するとは限りません

また、社長であっても

・創業の時期は機関車型で会社を引っ張る

のが普通ですが、社員数が段々と増えてくると

・センター型で社員を目を配りながら働く

・見守り型で社員が働きやすいように配慮する

・演出家型として仕組みで仕事が回るようにする

といったように担うべき役割が変わってきます。

また、会社の規模が大きくなっても、経済環境が大きく変わった時などは、

・機関車型として先頭に立って危機を乗り切る

ことが求められます。


このように役割としての立ち位置は可変です。そして、可変するものに対しては、自分の中で固定的なものを持って持つのが有効。

つまり

自分として本領を発揮できる立ち位置を正しく認識する(固定点)
 ↓
役割として担う立ち位置を正確に把握する
 ↓
両者を調整する

です。


その際、やり方はいろいろあります。

経営者本人が頭を切り替えて、

「自分は本来演出家型だが、今は会社がたいへんなので、当面は自分が機関車型として皆を引っ張っていく」

というやり方もあれば

「Aさんは機関車型として力を発揮できるタイプだから思い切ってAさんに任せる」

というように適材適所で対応する方法もありです。

いずれにせよ、自分が本領を発揮できる立ち位置を正しく認識できれば、成功する確率は必ず上がります


一方で、注意したいのは、自己認識に近道なし

これは一橋ビジネススクール教授の楠木建さんがその著書「絶対悲観主義」の中でも以下のように書かれています。

「自己認識に近道はありません。もっと自分の頭で、ゆっくりと経験を積みながら、徐々に自己認識を高めていくほうがイイ。」


拙著の中でも「4つの立ち位置」を最終章に持ってきたのはその概念だけが一人歩きするのを避けたいからです。

「パターンは4つです」「あなたはこの4つの中で2のセンター型です」と記述するのは分かりやすいし、簡単です。

けれども、前述のようにご本人が正しく自分が本領を発揮する立ち位置を認識していないことが多いので、今回の本の中ではおまけ的な位置付けにしました。


自分が本領を発揮する立ち位置はどこに当たるかを知りたい方は、まずは「心意気セッション(トライアル)」のご利用をお勧めしています。

なお、10月31日までにお申込みいただいた方には全員に拙著「『心意気』から始める経営改革のススメ」(定価2,420円)をプレゼントさせていただいております。
↓  ↓  ↓
「心意気セッション」の詳細&お申し込みは「こちら」からお願いします。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。