ミセルチカラの磨き方

2023/10/12

自分のOSが分からないままノウハウやスキルを増やしても活かせない

カテゴリー :プロファイリング

心意気を形にするコトノハ職人、岩井洋美です。

あなたオリジナルのOSを見つけませんか。

3連休も終わって、なんだかあという間に秋の空気に変わりました。

今年はいつまでも夏服でしたから「洋服の入れ替えを急がないと!」と焦っているところです。

 

今、私は自分の仕事を見直しています。

仕事を始めて10年過ぎたところで棚卸しというか仕切り直しというかんじでしょうか。

自分が作ってきたコンテンツとか、今のホームページに変わる前のホームページとか、2015年から書き始めたブログとか。

自分のやってきたことなのにすっかり忘れてしまっていることがあったり、最近はすっかり言わなくなってしまったことがあったり、ちょっとした驚きでした。

 

経験なしのゼロから仕事を始めたので最初の頃は「自分として言えること」が限られていました。マーケティングのこととか感情のことに集中していたかんじです。

この10年やっていることは変わっていないのですが、実践を重ね、経験を重ねた10年の間にできることも伝えられることも格段に増えた分、いっぱいあり過ぎておなかいっぱいみたいな…「シュッ」とまとまっていないように感じました。

クライアントさんのビジネスには時間をかけ手をかけても、自分のビジネスのことって後回しになっていたな~と反省したところです。

 

そこで今日は大事なことなのに最近お伝えしてなかったことを改めてお伝えしようと思います。

どんなにノウハウやスキルが増えても、自分自身や自分のビジネスのOSがないままでは活かせないということです。

 

パソコンにはOS(基本ソフト)が搭載されています。WindowsにはWindowsのmacにはmacのOSがあります。

そして、私達にとって便利なアプリケーションはOS(基本ソフト)に合わせて作られています。

ですから、どんなにすばらしい機能があったとしても、OSがなかったり違っていれば使い物にならないということです。

 

これを自分に置き換えてみます。

アプリケーションはスキルやノウハウです。

OSがなければアプリを使えないのだとしたら、スキルやノウハウを活かすためのあなたのOSは何かということになります。

自分の基本ソフトということは自分の土台であり、基準であり、核となるものです。それが分からないまま知識やスキルや情報を増やしても、使えないものが増えるだけになる!

 

だから、自分のオリジナルのOSを知っておかないといけないわけで、自分の感情が駆り立てられるポイントや考え方の癖がカギになるということです。

私が10年変わらずにやってきたことは「あなたオリジナルのOSをつくりこむ」ということです。

 

あなたのOSは何ですか?

分からなかったり、アップデートされてない場合はご相談ください!

↓  ↓  ↓

「あなたのオリジナルのOSをつくりこむ」ためのセッションは「こちら」からご覧いただけます。

 

では、今日も1日お元気で。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。