成長支援部からの提言

2019/01/15

(第254話)36年前の予備校講師の教えを会社経営に活かす

カテゴリー :経営者

社長が目前の成果に固執し、正解のない問題をすぐに諦めるのは成長が止まる会社
社長が受験生以上に集中して、粘り強く問題解決に取り組むのが成長し続ける会社

30数年前の予備校講師の教えを会社経営に活かす
今週末には大学入試のセンター試験が実施されるなど、受験シーズンもいよいよ本格化してきます。

私が最後に受験シーズンを過ごしたのは、かれこれ36年前になりますが、予備校の最後の授業で、あるベテランの先生が、「たとえ第一志望の学校に合格できなくても、人生に大きな影響はないので、受かったところに行った方がよい」と言っていたのを今でも覚えています。


その時は受験直前だったこともあり、「そうは言ってもねぇ」というふうに感じていました。けれども、その後の人生を振り返ってみると、やはりベテラン講師の教えは正しかったと分かります。


志望している学校に入れないと、少なからずショックです。けれども、問題はその後。

いつまでも、それをコンプレックスとして引きずるのか、失敗は失敗として受入れ、新たな挑戦を続けるのかによって、その後の人生は大きく変わってきます。


今の受験生は分かりませんが、少なくとも我々の頃は、「いい大学に入れば、いい企業に就職できる」と、無条件に信じられていました。そして、将来安定した生活を送るためには、いい大学に入ることが必要条件と考えられていました。

つまり、関心があったのは、大学で何を学ぶかということより、いい企業に入るための切符、「〇〇大卒」という学歴だったのです。


受験生は、目前に迫った入試のことで、頭の中が一杯です。しかし、入試はあくまで入口であり、より大切なのは、その後で何を学び、何を実行するかという中味の部分。

日本の場合は、大学に入った後は、入るまでに勉強したほど、熱心に勉強しなくても、単位はもらえるので、そのまま、ほぼ問題なく卒業できるシステムになっています。このため、よほど意識して学生生活を過ごさないと、人脈ができるということ以外、人の実力として、上積みされる部分が少ないように感じています。


予備校の先生の教えは、表面的には「受験生生活は今回で終わりにしなさい」ですが、その奥には「人生は短いので、受験にばかり固執せずに、もっと広く、もっと深く学びなさい」という教えがあったのではないでしょうか。


受験生の時は入試問題がかなり難しく感じました。けれども、入試問題には必ず正解があります。一方、会社の問題は、一見簡単そうに見えても、どれも正解がないだけに、一生かけて解き続けなければいけません

仕事で大事なのは、学歴よりも、考える力であり、最後までやり抜く根気とやる気と実行力。受験生以上に、経営者は頑張らないとダメだと、毎年この時期になると感じます。
 

会社の問題を粘り強く解き続けるために、「社長専任の社外チーム」もご活用ください。詳細は「こちら」です。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「成長支援部からの提言」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。