成長支援部からの提言

2019/03/12

(第262話)自己満足の完璧主義から脱却し、お客様との接触頻度を増やす

カテゴリー :情報発信

完璧を目指して自己満足に陥り、売上を逃すのは成長が止まる会社
完璧は目指さず、逆算思考でヒットを重ねるのが成長し続ける会社

自己満足の完璧主義から脱却し、お客様との接触頻度を増やす
週1回書いているこのコラム。

「今日はよく書けた」と思ったのに、全然反応がないこともあれば、「なんだか上手くまとまらなかったなぁ」と感じていたのに、読者の方からいろいろと反響をいただくこともあります。


商品で言えば、「これは売れる!」と自信を持って出したものがあまり売れなかったりします。

会社がいくら「これはいい!」と思っても、それは単なる自己満足。もちろん、「これはいい!」と思えるものを作るのは大前提ですが、お客様に「これはいい!」と感じてもらえない限り、売上にはなりません。


そして、それを早く実現するためには、できるだけ打席に立ってバットを振ることが絶対条件です。

ベンチに座っている限り絶対にホームランは打てません。ましてや、放送席からああだ、こうだと評論している限り、絶対にヒットは打てません。まずは、バッターボックスに立って、ピッチャーと向き合わない限り何も生まれないのです。

もちろん、打席に立ってバットを振ると、三振することがあります。また、時には相手が暴投して球をぶつけられることだってあるかもしれません。けれども、野球で言えば、バッターボックスに立ってバットを振らない限り、打者として成績を残すことはできないのです。


できるだけたくさん打席に立つには、商品とお客様との接触頻度を増やすことが鍵になります。

例えば、「出来上がりの予想図を見せる」、「まだ試作品の段階で意見を聞く」、「最低限の機能だけ備えたものを売る」ということがあれば、「完璧に仕上げたものを最後に出す」よりも3倍機会があるので、より多くのフィードバックを得ることができます。


メーカーの場合、まだ完成していないものを出すことにはかなり抵抗があるかと思います。

けれども、最終的に商品を売って売上を上げるということから逆算した場合、まだ会社として完全には満足していないけれど、それを事前に説明した上で、お客様の反応を探ることはそれなりの意味があります。

大企業と中小企業が競争する際、スピードを活かして、時間という平等な条件を最大限に活用することがポイントです。


そして、数多くバットを振るということは、球種に応じて打ち方を変えるように、商品の見せ方を毎回工夫することが必要です。

弊社のクライアントさんでも、まったく同じものなのに、ネーミングを変えた途端、一気に人気商品になったというケースがありました。

 

  • 商品とお客様との接触頻度を増やす
  • 商品の見せ方を毎回工夫する

言葉にしてしまうと、簡単なようですが、実行し続けるのは、それほど簡単ではありません。


時には4打数4三振ということもあります。また、死球を受けて怪我をしてしまうこともあります。それでも、勇気を持って打席に立ち、バットを振れるか。

もしかすると、ベンチで野次を飛ばしていたり、放送席でぼやいているばかりではないでしょうか。

球春もまもなく。ヒットを重ねるために、一打席でも多く打席に立ってバットを振りましょう。

 

基本的なことを粘り強く実行し続けるためには「社長専任の社外チーム」がお役に立ちます。概要は「こちら」です。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「成長支援部からの提言」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。