知恵の和ノート

2020/11/10

(第349話)「どうするか」に全集中して危機を乗り切る

カテゴリー :意識改革

「どうしたいか」を見据えた上で「どうするか」を考える

「どうするか」に全集中して危機を乗り切る

「『どうなるか』より『どうするか』が大事」

アメリカ大統領選挙の日本への影響に関する質問に対して、コメンテーターのお一人がおっしゃっていた言葉です。


新型コロナウイルスにしても、アメリカの大統領選挙にしても、我々は主体的に結果を変えるような大きな影響力を持っている訳ではありません。このため、どうしても受け身的に「どうなるか?」と考えがちです。

ウイルス関連の医療関係者でなければ、治療薬やワクチンを自ら開発することはできません。一方、まだ根本的な解決策が見つからない中で「どうするか」については主体的に考えることができます。


「どうなるか」と「どうするか」は、たった一文字違うだけですが、このちょっとの差が時間が経つと大きな差になります。

そして、「どうするか」を決めるには「どうしたいか」を自分の中で自覚しておく必要があります。


例えば、「もっと売上を上げたい」という思いがあったとします。

この場合は「売上を上げることで何を実現したいのか」を本音ベースで言葉にすることがポイントです。

「今よりももっと安定した暮らしをしたい」という人もいれば、「社員の生活を守りたい」という人もおられるかと思います。また、「この商品でたくさんの人を助けたい」と考えておられる人もいるかもしれません。

 

その時、気をつけなければならないのは「こんなことを言ったら人から笑われる」とか、「これは人には恥ずかしくて言えない」とかいったような制限を自分でかけないことです。

何が原動力になるかは人それぞれ。その原動力自体に優劣はありません。

自分が「どうしたいか」ということと正直に向き合えた時に初めて「どうするか」ということも見えてきます。


なお、10社限定で「個別オンライン診断」を始めます。

これは3つの観点と12個の切り口から、売上アップのために会社が取り組むべき根本的な課題を2時間で浮き彫りにするものです。

どうするか」を決めるためのサポートとしてぜひご活用ください。

個別オンライン診断」の概要は「こちら」です。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。

最新の記事