知恵の和ノート

2022/02/15

金メダリストのコメントから紐解く人生を飛躍させる3つのポイント(第415話)

カテゴリー :意識改革

自分の人生を飛躍させたいなら、自ら主体的に負荷をかけ、人の意見に振り回されずに、やりたいことを途中で諦めないこと。

金メダリストのコメントから紐解く人生を飛躍させる3つのポイント

人はいろんな負荷がかかればかかるほど身軽になる

北京オリンピックのスノーボードで見事金メダルを獲得した平野歩夢選手。

無謀な挑戦とも言われた東京オリンピックのスケートボードの競技を終えた後、先のようなコメントを残したそうです。
(2022年2月12日付日経新聞の「春秋」参照)


大谷選手の二刀流もそうですが、頂点を目指す人は、たとえ他人から無謀と言われようとも

自らあえて負荷をかける
 ↓
壁にぶつかっても焦らない
 ↓
壁を自力で乗り越えて飛躍する

というプロセスを辿ります。


ポイントは3つ。

  1. 自ら負荷をかける
  2. 人の意見に左右されない
  3. 途中で諦めない


まず、自ら負荷をかける

 

会社や上司など、他者から負荷をかけられるケースはたくさんあります。経営者であれば、お客様や取引銀行から何らかの負荷をかけられるケースがあるかもしれません。

いずれにせよ

・自分主導で負荷をかける

・他者主導で負荷をかける

のとでは、そこから生まれる結果に対するこだわりが自ずと違ってきます。


次に、人の意見に左右されない

 

自分が「〇〇したい」と言うと、「それはやめておいた方が良い」とアドバイスされることがあります。

アドバイスする側も悪気はありません。自分の経験や常識に基づいて、その人のために良かれと思って意見を言ってくれます。

そして、世の中的には「人の意見には素直に耳を傾けよう」と奨励されているので、「Aさんが言うのだから、やはりやめておこう」となるケースが大半です。

しかしながら、そこからは大きなブレイクスルーはけっして生まれません。過去の常識や経験を参考にすることはあっても、それを打ち破らない限り、多くの人が絶賛する出来事は起こらないのです。


最後に、けっして諦めない

 

これは最初の「自ら負荷をかける」とも関連していますが、

自分主導で負荷をかける
 ↓
自分が納得するまでやる

という流れが生まれます。


人の本能として、自分のために頑張るのが本質です。

よく「お客様のために頑張る」「自分のためではなく、他者のための方が頑張れる」と聞きます。しかしながら、あくまで頑張る主体は他者ではなく自分。

つまり、構造的に考えれば

お客様や他者のために頑張る
 ↓
そのことが自分のモチベーションや原動力になる
 ↓
だから一生懸命頑張れる

です。

この点、他者主導で負荷がかかっている場合はどうしても途中で「なんでここまでやらなあかんねん」という気持ちが湧いてきます。

 

  • いつも他者から負荷をかけられて、人の意見に振り回されながら何かを途中で諦めてしまう人生
  • いつも自ら負荷をかけて、人の意見に振り回されずにやりたいことは諦めない人生

自分の人生に金メダルをかけられるのは自分しかいません。

メールマガジンのご登録

ヒーズでは、弊社の日頃の活動内容や基本的な考え方をご理解いただくために、専門コラム「知恵の和ノート」を毎週1回更新しており、その内容等を無料メールマガジンとして、お届けしています。

上記のフォームにご登録いただければ、最新発行分より弊社のメールマガジンをお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。

最新の記事